新宿 アルバイト看護師

老健の夜勤はナース1名対応?看護スタッフが少ない事で困る事やトラブルはありますか?


これは、老健に限った事ではないと思うんですけど、何事も起こらずに穏やかな夜勤だったら、
たとえ勤務時間が16時間と長くても、それほど辛くはないんですよね。
休憩や仮眠を充分に取る事ができるし、看護師1人でも困る事がありません。
でも、なかなかそう思い通りにはいかないんですよね。
高齢者の方は、元気そうに見えても、いつなにが起きてもおかしくありませんから、看護師1人の体制は、
はっきりいって大変です。
100名もの利用者の方の体調管理を、1人で行わなくてはいけないんですよ。

 

高齢者の方は、免疫力が低下してる事もあって、夜間に急変が起こりやすいんですよね。
あんなに日中は元気で過ごしていたのに、急に意識レベルが下がってしまったり、呼吸状態が悪くなる事は少なくないんですよ。
基礎疾患を持っている事でリスクが高いので、腸閉塞や肺炎、それに尿路感染症も起こしやすいんですよね。

 

夜間は、看護師1人で対応しなくてはいけないので、迅速な判断と行動力が要求されると思うんです。
もし急変が起こった場合、ドクターコール、家族への連絡、病院の連絡、救急車の要請など、
沢山の事をしなくてはいけませんよね。
利用者の状態を観察しながら行う事になるので、これはもう大変です。
でも、医療行為については、看護師しか対応する事ができませんけど、数人の介護士が働いているので、
出来る事は協力して貰っていますね。
ベテランの介護士は、急変が起きた時の対応が良く分かっているので、とても助かっています。

 

夜勤の看護師がもう1人いたらな、思う事は沢山あります。
そうすれば、もっと行き届いたケアができるのにと思いますよね。
でも、その分、介護士が協力してくれるので、トラブルもなく対応する事ができていますね。

私の職場の尊敬する同僚!尊敬できる部分を真似してステキなナースになろう!

私は、一緒に働いている同僚の事をとても尊敬しています。
彼女は、私と年齢が近く話が合うので、職場でもプライベートでも、とても仲良くしています。
看護師の仕事をしていると、仕事上で壁にぶつかったり、いろいろな悩みがでてきます。
私達は、看護師としての価値観が似ているので、悩みを相談する事もあるんです。

 

彼女の尊敬するところは沢山あるんですが、その一つは、患者さんへの気配りがとても細かいところです。
看護師というのは、とても忙しい仕事で、一日中バタバタしている時もあります。
そうすると、つい患者さんへの気遣いを忘れてしまって、細かい部分に気がつく事ができなくなります。
でも、同僚は、どんなに忙しくても、患者さんの事を考えていて、いろいろな面でのアプローチをしているんです。
患者さん一人一人、抱えている病気も違いますし、生活背景も違います。
それぞれの患者さんに合わせた、的確なアプローチをする事ができるのは、常に患者さんを観察して、
思いを寄せているからだと思います。
いつも、患者さんの目線になって、物事を考えているんです。
同僚がいろいろ気がつく事によって、ケアが見直されたり、食事内容の変更などが行われています。

 

そのような同僚を見ていると、私はまだまだ看護師としてダメだな、と思ってしまいます。
患者さんの目線に立って物事を考えるというのは、忙しい業務をしているとなかなか難しいものです。
彼女は素晴らしい看護師だと思います。
そのような看護師にケアをしてもらう事ができたら、患者さんも心強いと思います。

 

看護師と患者さんの信頼関係も強くなりますし、それがより良い治療へと繋がります。
私も、彼女を見習って、患者さんから信頼される看護師になりたいと思っています。

年休はちゃんと消化出来てる?年休消化率100%の職場が羨ましい!

皆さんの職場は、年休がちゃんと消化できる環境ですか?
年休の日数は職場によって異なり、勤続年数によって変わります。
私はクリニックで看護師として働いているんですが、年間の休日数は90日、それに、年休が10日間あります。

 

でも、せっかく年休があるのにほとんど使った事はありません。
私だけではなく、スタッフみんながそうなんです。

 

私が働いているクリニックは、ギリギリのスタッフで業務を回しているので、一人でも欠けると仕事に支障がでてしまいます。
これは、多くのクリニックが抱えている問題のようです。
突然の欠勤がると、人手が足りなくなり大変です。
その為、年休を取りたいと思っても、スタッフの事を考えるとなかなか申請する事ができません。
年休を使う時というのは、急な欠勤の振替や、法事など、よっぽどの事がある時だけなんです。

 

私の職場は、ママさんナースが多いんですが、子供の学校や園の行事が重なってしまう事があり、困ってしまいます。
一人でもかけたら大変なのに、同じ日に何人も休みを取る事なんて、とてもできません。
せめて、取らなかった年休を、お金に変える事ができればいいんですが、翌年まで年休を繰り越す事ができても、
それ以降はそのまま消滅してしまうんです。
翌年まで繰り越す事ができても、結局使う事はできないので、消滅してしまうんです。
このような環境では、年休の意味がありません。

 

看護師仲間の働いている職場では、年休がほぼ100%消化できるんです。
だから、年休を取って旅行に行ったりして楽しんでいます。
介護施設で働いているので、業務内容が楽な事もあり、年休が取りやすい環境なのかもしれません。
年休消化率100%の職場をとても羨ましく思います。